友人と薄い財布のお話

・変わり者の友人

少し変わってるなぁ、と思ってしまう友人はいませんか?

私には、財布を持たないという友人がいます。

そのためその友人が歩くと、ジャラジャラという小銭の鳴るような音が。

なぜ財布を持ち歩いていないのか?

何も、貧乏というわけではありません。

財布を持ち歩くことを煩わしく思っているようで、それだけではなく衣服以外の物を持ち歩くのは面倒と思っているのです。

そのため、携帯電話や腕時計も持ち歩いていません。

札やカードは輪ゴムで止めているというワイルドさです。

良い奴なんですが、少し変わっているなぁと思ってしまいます。

・そんな友人が・・・

そんな友人の変わり者が、ついに財布を使い始めたというのです。

彼女からプレゼントをされた財布なんだとか。

彼女から貰ったのならそれは使わないわけにはいかないよなぁと思ったのですが、何もそれだけが理由ではないそうです。

実際に見せてもらったのですが、友人が持っているその財布は薄い財布でした。

とにかく薄い!

実際に私の財布と比べてみると、厚さが3分の1ほどしかないことがわかります。

中身に何も入っていないんじゃないかと勘繰ってしまうほどですが、そんなこともありません。

確かにこれなら、財布を持ち歩くのも煩わしいと考えている友人にピッタリです。

さすが彼女だけあって、彼氏の好みを熟知していたようですね。

その財布を見せる時の友人は、実に嬉しそうでした。

それを見て少し羨ましくなりました。

・自分も欲しい!

友人が持っている薄い財布を目の当たりにして、なんだか私も薄い財布が欲しくなっちゃいました。

私も友人ほどではありませんが、なるべく身に付けるものは軽く少なくしたいというのが本音です。

薄い財布は、そんな私の趣向にもジャストマッチしていました。

ただ、最近お金がピンチなんですよね。

厚い財布なのに中身に限れば薄型です。

私にも、友人のように彼女がプレゼントしてくれないかな?

その前に彼女を作らなければいけないのですが・・・。