女性向け・ブラックフォーマルの選び方

冠婚葬祭の場で着用するフォーマルな礼服は、社会人になると欠かせない物です。

特に、あらかじめ予定が立つ結婚式などの慶事とは異なり、弔事は予期せず突然やってくるため、特に喪服は必要に迫られる前に良いものを選んでおきたいものです。

そこで、慶事、弔事の両方に使用できる黒い礼服・ブラックフォーマルは、社会人になったら一着持っておいて損はありません。

慶事と弔事で着用する礼服は分けるべきという意見も時として聞かれますが、実はこれには正解はなく、着用する小物を変えるなどすることで同じ礼服を使用することもできるため、良いブラックフォーマルを選んで用意しておけば幅広く活躍すること間違いなしです。

今や、結婚式・披露宴はもちろん、お通夜・お葬式も様々な形態が見られるようになってきています。

ブラックフォーマルはこれらの冠婚葬祭はもちろん、子どもの卒園式・卒業式などにも着ていくことができます。

それでは、実際にブラックフォーマルを購入する際、どのようなポイントをおさえておけばいいでしょうか。

普段着る機会が少なく頻繁に買い換えることはないため、より質のいい物を購入して何十年も使おうと考える方が多いですが、実は礼服にもデザインの流行があります。

同じデザインのものを一生涯使い続けようとは考えず、10年ほどを目安に新しい物を用意するのが良さそうです。

とはいえ、10年という長いスパンで使うものなので、あまり流行を追った奇抜なものではなくシンプルで飽きのこないデザインを選ぶべきで、合わせる小物などを工夫するのが良さそうです。

男性用とは異なり、女性のブラックフォーマルはいくつかのタイプがあります。

具体的には、ジャケットの襟や丈の長さにいくつかのタイプがあり、またそれに合わせてスカート、ワンピース、パンツと選ぶことができます。

20代から30代の初心者におすすめなのが、着丈が短く、ウエストと足をスタイリッシュに見せてくれるボレロタイプです。

可愛らしさを演出するため、フリルやリボンがあしらわれているデザインのものも存在します。

一方で、年代を問わず幅広く使用できるのはテーラードタイプで、これはスカート、ワンピース、パンツとあらゆるボトムスに合わせることができるため便利です。

10年という長いスパンで着用するものなので、自分にピッタリのものを選びたいものです。

是非とも一度試着をして、後悔の無い礼服選びをするようにしてください。

■社会人になったら冠婚葬祭用に持ちたいブラックフォーマル

学校を卒業して社会人になると、冠婚葬祭の場に出席する機会が増えるので、最低一着はブラックフォーマルを持っておくようにしましょう。

結婚式などの慶事の場合は、当日までに購入すれば良いので間に合いますが、葬儀のような弔事はいつ起こるかわからないので、その日が来ても慌てないよう、事前に準備しておかなければなりません。

ブラックフォーマルというのは、冠婚葬祭で出かける際に着用する黒いスーツのことです。

黒い色は慶事と弔事のどちらにも合うので、いつその日が来ても着られるよう、持っておくようにしてください。

慶事と弔事では、それぞれ別のブラックフォーマルを着用した方がいいという人もいますが、わざわざ2種類を持つ必要はありません。

小物の合わせ方で、慶事と弔事のどちらでも着用できるので、よほどのこだわりがある人でなければ、無理に買わなくても良いでしょう。

いざブラックフォーマルを購入しようと思っても、初めての方の場合はどれを選べばいいかと迷ってしまうでしょう。

とりあえず黒いものならいいだろうと安易に決めがちですが、デザインや素材には種類があるので、長く着用したいなら、出来るだけ流行のものを選ぶのは避けましょう。

ブラックフォーマルは日常で着用するものではなく、特別なときにしか着ないものなので、高額の商品を選んだ方が良いと思う方が少なくありません。

しかしせっかく高いお金を出して購入しても、流行遅れになると着られなくなるので、1、2回しか着用できなかっということになりがちです。

それではお金を無駄にしてしまうので、価格についてはそれほど高いものを選ぶ必要はないでしょう。

もともと頻繁に買い替えるものではなく、一度購入したら、長く着用するものなので、あとで失敗したと思いたくないなら、10年先でも着用できるデザインを選びましょう。

若い人は可愛らしいデザインのものを選びがちですが、結婚して主婦になると、子供っぽくて、似合わなくなることがあります。

購入時に試着したときは似合っていたとしても、10年後にはとても無理と思えたら、別のデザインを選ぶようにしてください。

素材についても色々な種類がありますが、オールシーズン着用したいならポリエステル100%のものがおすすめです。

ポリエステルは風通しが良いので、夏に向いていますし、汗を吸収する機能などがついていれば、さらに快適に着られます。

冬は冷えやすいですが、保温性の高い下着や、厚いストッキングを着用すれば、それほど寒くは感じないでしょう。