どんな証券会社を選べばいい?

誰でも手軽に始められる投資

株式投資を始めたいとか投資信託を購入してみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
以前は株式などの有価証券は、銀行や証券会社に赴いて購入するのが一般的でした。
それがインターネットが普及するにつれて、気軽に有価証券を売買できるようになり投資を始めるハードルは下がっています。

インターネット専業の証券会社が登場したこともあって、少額から投資を始められるようにもなりました。
そのためサラリーマンや主婦の間でも投資をする人が増加しています。

証券会社とは株式や投資信託、債券などの売買を仲介してくれる会社のことをいいます。

国内だけではなく海外にも拠点を持ち、リテール業務や投資銀行業務など様々なサービスを提供している大手証券もありますし、KOYO証券のような大手証券に次ぐ規模を持つ準大手証券、地元に密着した地場証券や規模が小さな中小証券、インターネットを中心とするネット証券などもあります。

(参考):KOYO証券の概要・投資サービスについて

それぞれ取り扱っている金融商品やサービスは異なっているので、自分のニーズに合ったところを選ぶことが大切です。

大手証券の特徴とは

大手証券は取引の手数料が高めに設定されており、基本的に資金が豊富にある人向けのサービスを提供しています。
対面販売が基本になるので、専門的な知識を持つ人に相談したいといった時に利用するのもいいかもしれません。

ただ、営業担当者から売り込みなどがある場合もあり、それが煩わしいと感じる人もいます。
少額から投資を始めてみたいという人は、手軽に投資を行うことができるインターネット専業のネット証券を選ぶのがおすすめです。

ネット証券は取引手数料が安い

ネット証券の大きな魅力は、何といっても取引手数料が安いことにあります。
ネット証券は店舗を必要としないので建物の維持管理費や営業スタッフなどの人件費が少なくて済むので、大幅にコストを削減することができます。

それが手数料にも反映されているので、コストを抑えたいという人に適しています。
ネット証券が増えたこともあって価格競争が起きたため、非常に安い手数料に設定しているところも多くなっています。

また、取り扱っている金融商品の種類も様々で、株式を1つとってみても国内株式だけではなく海外株式の取り扱いもあります。
海外株式は米国の市場を対象としているものや中国市場を対象としているもの、シンガポールやマレーシアといったアジア市場を対象としたものなどその種類も様々です。

その他にも投資信託・FX・先物オプション・金・プラチナ・NISA(小額投資非課税制度)・iDeCo(確定拠出年金)・IPO(新規公開株式)などの投資商品の取り扱いもあります。

どういった金融商品で投資するのか考える

証券会社を選ぶ際には、どういった金融商品で投資を行うのかをまず検討します。
株式の場合には、長期保有して配当金や株主優待を得ることを目標とするのか短期保有で売買し、利益を上げることを目標にするのかで選択は異なります。

基本的には現物取引ですが、資金や株式を借りて元手以上の売買を行う信用取引もあります。
投資信託は投資家から集めたお金を1つの資金としてまとめて、ファンドマネージャーというプロが運用し利益を還元する金融商品になります。

投資信託には少額から始められ、分散投資ができるというメリットがあります。
プロが運用するので、自分で投資するよりもリスクが低いと考える人も多いようです。

積立てサービスを実施しているところもあり、毎月少しずつ投資信託を積立ていくこともできます。
NISA(小額投資非課税制度)は、株式や投資信託の配当金や値上がり益が非課税になる制度のことです。

毎年、120万円まで非課税になる投資枠が設定されています。
iDeCo(確定拠出年金)は、掛け金を自分で運用しながら積み立てていく個人年金のことをいいます。

掛け金は全額所得控除の対象となるので、所得税や住民税を安くすることができます。
分配金など運用期間中に発生する運用益も非課税となっており、現在注目されている資産運用方法です。

取引手数料も証券会社を選ぶ重要なポイント

それから運用する金融商品が大体決まったら、取引手数料も証券会社を選ぶ重要なポイントになります。
特に株式を何度も売買して値上がり益を狙う場合には、手数料が大きいと手にすることができる利益が減ってしまいます。

できるだけ手数料が安いところを選ぶことが重要でしょう。
ネット証券の場合、手数料のプランには1回の取引ごとに手数料が発生するプランと一日定額のプランがあります。
一日に何度も取引をするといった場合には、定額プランの方がお得になります。

そして提供しているサービスも証券会社によって違いがあります。
取引ツールも様々なので、使い勝手が良いものを選ぶと効率的です。

投資セミナーなどを開催しているところもあります。
コールセンターなどで資産運用の方法について相談できるところも多いので、どういった資産運用が適しているのかなどを相談してみるのもいいかもしれません。

口座開設はインターネットから申し込むことができ、簡単に口座を開設することができます。